1. トップ » 
  2. リストラ対処法 » 
  3. 11.リストラ対処法の終わりにあたって  » 
  4. (1)計画性・心構え・ねばりで勝利を!

リストラ対処法

11.リストラ対処法の終わりにあたって

(1)計画性・心構え・ねばりで勝利を!

新世紀ユニオンニュースに一年にわたって連載しました「リストラ対処法」は、ひとまず終わりにしたいと思います。

今回のシリーズの中で取り上げられなかった問題は、(1)管理職のリストラ対策、(2)外国人労働者のリストラ対策などがありますが、(1)については管理職の定義が問題になります。肩書きが課長であっても部下がいなかったり、人事権のない場合は労働者であるので、このリストラ対処法を応用してください。また管理職であっても団結権はあり、この場合は憲法組合として活動することになります。しかしこの分野については、すでに管理職ユニオンが存在していることから割愛しました。

また会社組織変更に伴うリストラのように我々の力不足と、主として実践の少なさから不十分な内容となっている点については、今後の実践をふまえ豊富な内容にしていきたいと思います。

最後に労働者が雇用を守る闘いの中で重要な点を三つあげたいと思います。

  • 一つめは「備えてのち闘う」という闘争の“計画性”、
  • 二つめは「闘いの中で自己を鍛える」という“心構え”、
  • 三つめは持久的に学び、闘い、団結するという“ねばり”です。

この“計画性”“心構え”“ねばり”の三つを忘れなければ、反リストラ闘争の勝利は疑いないと思います。

>>次のページ:(2)新しい労働運動の建設を目指して!

<<戻る 次へ>>

▲ページトップ