1. トップ » 
  2. 労働組合の選び方

労働組合の選び方

リストラ経営が吹き荒れている中で、個人加入労組がたくさん増えています。このこと自体よいことであり、すばらしいことです。

労働者がリストラの標的にされたとき、御用労組への不信感からユニオンに加入して雇用を守ってほしいと思っている人はすくなくありません。ところがこのユニオンにもピンからキリまであることを知ってほしいと思います。

あるユニオンは経験が浅いためか、戦術が稚拙であったり、弁護士任せにしたり、団交で悪罵をあびせるが、会社側に譲歩を強いることができない。またある有名な関西のユニオンは、労働者が「雇用を守ってほしい」「退職強要をやめさせてほしい」と思っているのに、それを無視し、会社側の意向を尊重し、重視して、わずかな金銭解決で退職を認めるという“裏切り的行為″を“売り”にしています。

一般的に言えば職場での組合活動や大衆運動を背景に団体交渉を行う上で戦術的課題にすべてのユニオンが直面しています。

私たち新世紀ユニオンは、全国的なユニオンの戦術レベルを上げる必要に応えるために「リストラ対処法」をホームページで公開しています。つまり戦術的拙劣さは経験を積み、創意工夫すれば克服できるし、さして重要ではありません。

重要なのは団体交渉で会社側に呼応し、いつの間にか労働者の側から、会社の側に立場をすり替え解雇(自己退職)を受け入れる代わりに、わずかな金銭解決へと持っていくことで経営者に感謝されている裏切り的ユニオンが存在していることです。

まるで経営者の“別働隊”もしくは手先であるかのようなこのユニオンは、テレビや新聞で「いまもっとも元気な労組」などと大宣伝されています。このユニオンはブルジョア報道機関の支援を受けて次々と金銭解決で「成果」を上げています。この「成果」とは経営者側の「成果」であって、労働者側の成果ではないのです。

私たちはこのような経営者の手先のような役割を果たしている労組を“家畜のように飼いならされた労組”という意味で「家畜労組」と呼んでいます。企業内労組であろうとユニオンであろうと労使協調路線をとるなら、それは家畜労組なのです。

「連合」に加入するユニオンもあります。彼らは「連合を変えるため」と詭弁でごまかしていますが、本質は階級敵への投降だと私達は考えています。

ユニオンの加入書を書く前に信頼できるユニオンがどうか確認してください。そのうえで自分の希望をユニオンに主張してください。

「雇用を守ることをめざしてください」「退職強要をやめさせてください」と。

 初めから金銭解決を“売り”にしているユニオンでは慰謝料や退職割り増し金も少ししか獲得できません。

私たち新世紀ユニオンは組合員の希望を最大限尊重します。リストラの標的になるかもしれない人には、リストラ回避の方法を指導します。リストラの攻撃を受けている人にはその撤回のために共に闘います。解雇された人には雇用を守るために全力を尽くします。金銭解決を希望する人には、最大限高い金額を勝ち取ります。

ユニオンにはビンからキリまであるのです。テレビや新聞で有名なユニオンほど、労働者は警戒しなければなりません。

中には会社から買収されているのではと疑いを持つ例もあります。

 残念なことですがどこにでも会社の手先はいるのです。それはユニオンでも例外ではありません。

「備えあれば憂いなし」です。


<参考>

▲ページトップ